大学でぼっちになった女子のための完全ガイド!楽しむ方法から脱出方法まで

一人を楽しむ

人付き合いが得意じゃない。

周りを見ればあっという間にグループができていて、外れてしまった…。

大学で気がつけばぼっちになってしまった女子へ。

大学に行くのが辛かったり、もっと堂々といたかったり、なんとかぼっちから抜け出したかったり…いろんな思いがあるでしょう。

ここでは、どんな女子大学生のために、女子ぼっちの完全ガイドをまとめました。

大学でぼっちになった女子の人の気持ち2パターン

ぼっちと聞くと「友達がいなくて可哀想な人」という印象があるかもしれませんが、実際は必ずしもそうとは限りません。

まずは、大学でぼっちになった女子の気持ちを見ていきましょう。

主に2通りのパターンがあります。

  • 「本当は友達が欲しいけどいない」という人
  • 「基本的には1人でいるのが好き」という人

それぞれの気持ちと、その解決法を詳しく見ていきましょう!

「本当は友達がほしいけどいない」という女子ぼっち

このタイプの女子ぼっちに共通する気持ち。

それは、主に「いつも楽しそうに友達と騒いでいる、グループの中心的な女子がうらやましい」とか「私も本当は友達とああやって楽しみたいのに!」というものではないでしょうか?

本当は友達と楽しみたい。それなのにぼっちになってしまったその理由は、

  • もともと人付き合いが苦手
  • 人見知りで声をかけられない
  • 友達を作るタイミングを逃してしまった
  • 気の合う人がいない
  • そもそも学科に女子が少なくて女友達を作るのが難しかった

などがほとんど。

そんな女子ぼっちのあなたには、2つの解決法があります。

まずは、今あなたが思っているように「友達を作ってぼっちから抜け出す」という方法

そしてもう1つは、「ぼっちでいることを楽しめるように自分の考え方を変える」ということ。

どちらを選ぶかは、「今の自分を変えたいのか」それとも本当は「今の自分を受け入れたいのか」という本心の望みによって分かれます。

「基本的には一人でいるのが好き」という女子ぼっち

女子は案外男子に比べ、さっぱりしている場合もあります。一匹狼とも言われるタイプ。

こういうタイプの女子ぼっちは「一人でいることは割と楽しんでる。

でも人目が気になるのでもっと堂々といられるようになりたい」という気持ちであることが多いよう。

「本当は友達が欲しいけどいない」女子ぼっちに比べると、一見あまりあまりつらくないようにも思えます。

でもそんなことはなく、特に「社会に入ってからこのままの自分で大丈夫だろうか」という不安も抱えています。

そんなあなたにぴったりの解決法は、「ぼっちの魅力を知ること」「ぼっちでいることを気にしない方法を知ること」、そして「今ぼっちの人は社会人になってからどうなるのか」ということを知っておくこと。

次の項目からよく読んでみましょう。

ぼっち万歳!大学でぼっち女子でいることの魅力

「ぼっちは一人で寂しい」という印象があるかもしれません。

でも実は、集団で行動する時と同じくらい利点があります。まずはそれを知っておきましょう。

1、ムダな人間関係の悩みから解放される

ボッチでいることは、つまり「余計な人間関係から解放されること」でもあります。

「全ての悩みは、人間関係から生じる」という心理学者アドラーの言葉があるほど、人間関係は悩みやストレスを生む原因。

本当に心から楽しいと思える人間関係ならいいのですが、「ボッチだと思われるのが嫌だから」という理由だけで、誰かと無理やりたむろするのはとてもストレスになります。

人目を気にして自分に無理をするぐらいなら、堂々と一人でいた方が、余計な悩みやストレスを持つことなく、自分を大切にできます。

また、行きたくもないことに誘われたり、悪口やうわさ話などの面倒くさい裏事情に関わるくらいなら、1人でいる方が余計な「しがらみ」から解放されることが出来ます。

2、ストレスフリーの大学生活が送れる

他の人間と行動していると、どうしても自分の人生を相手にコントロールされます。

例えば、ご飯を食べるにしても1人なら好きなものを好きな時間に食べられますが、他人と行動しようと思えば、よっぽど自分勝手な行動を取らない限り、お腹が空いたのに相手の時間に合わせる…ということになりがち。

人間関係と言うもので成り立っている社会に住んでいますから、自分の生活の一部が誰かに影響されるのは当たり前のこと。

とはいえ、常に誰かと一緒に行動したい人は、自分の自由が制限されることも多く、ストレスも溜まります。

その点でぼっちの人は、誰にも自分の行動を制限されることなく、自由に自分がしたい時にしたいことをできるので、集団で行動するより基本的にはストレスフリーだと言えます。

ぼっち女子は大学でモテる!?その理由4つ

次に、女子が大学でぼっちであることは、男子からどう見られているのかについて。

一見、近寄りがたい…と思われてそうですが、実は「ぼっち女子はモテる」というのを知っていましたか?

その理由は主に4つ。

1、女子特有の性質を持っていないから

女子っていうのは、グループになって噂話に悪口に、あれこれとおしゃべりするのが好きですよね。

トイレまで友達を連れて行ったり、彼氏との出来事を隠すことなく話してしまう人もいます。

男子はそういう女子特有の性質が苦手です。

一人で行動できずに、あれもこれも友達と一緒にやる女子は子供っぽく見えるからです。

それに比べて、ぼっちの女子はいい意味で女子特有の性質におぼれていないので、男子からは好印象。

自分のことは一人でできるし、余計なおしゃべりや噂話に花を咲かせることもありません。

ぼっちでいると、男子からは大人の女性に見られます。

2、アプローチしやすい

いつもグループになって行動している女子には、アプローチしてくてもできるもんではありません。

でも、ぼっちの女子は違います。一人でご飯を食べている時、一人で本を読んでいる時、一人で歩いている時…。男子からみればアプローチの機会はたくさんあります。

話しかけやすい、隙があるというのはモテる女子の必須条件。「あの子には勇気さえ出せばいつでも声をかけられる」そんな可能性が男子をドキドキさせるでしょう。

3、ミステリアスな女性に見える

いつもグループの中心になって盛り上がっている女子というのは、結構お下品だったり、大声でしゃべったり、あれこれとなんでもおおっぴろげにする人が多いですよね。

でも、ぼっち女子はその真逆。

「いつも何を考えているのだろう…」「あの子は何が好きなんだろう…」そんな男子の想像力をかきたてます。

そしてそのミステリアス感が、「もっとあの子のことを知りたい!」という気持ちにさせるのです。

4、守ってあげたいと思わせる

いつも一人でいる女子を見て、面倒見がいい男子や、誰かを省くことが苦手な男子は「かわいそうだなあの子…俺が守ってあげたい」と思う人もいます。

男子の本能は、女子を「守ってあげること」「幸せにすること」。

だから、はじめから完璧な女子より、少し弱い立場にある女子や、かわいそうな女子の方が、その本能をかきたてられるのです。

堂々と!大学でぼっち女子でも気にしない考え方

ぼっち女子の一番の悩みは、「周りの目」ではないでしょうか。

「友達がいないと思われるのが怖い」
「ぼっちだと思われるのが恥ずかしい」

人目に意識が向きすぎると、大学に行くのがつらくなってしまうこともあります。

人目を気にせずに、もっと堂々と一人でいることを楽しむための考え方。

それは…

誰もあなたのことを気にしていない!!自分のことしか考えていない!!

という事実を知ることです。

あのホリエモンこと、堀江貴文もこう言っています。

”道端でファンに出会って、サインや写真を頼まれても、結局は「今日ホリエモンにあったさー!」というぐらいで、そのあとはさっぱり忘れている。誰も他人のことを本当には気にしていない…。”

誰もあなたのことを気にしていません。気にしているのは、自分だけです。

あなたに価値がないと言っているのではなく、誰も自分以外の人には根本的に興味がないのです。

逆にあなたは、大学で変な服を着ている人を一人一人覚えていて、毎日毎時間その人のことを考えているでしょうか?

きっとそれよりも、自分のことを考えるので精一杯だと思います。他の人もそれと同じ。

人目が気になってしまった時は、この考え方を思い出して何度も自分に言い聞かせてみましょう。

「誰もわたしのことは気にしてない。みんな自分のことで精一杯なんだ」

この考え方を心から理解した時、あなたは堂々と一人でいることができるようになるはずです。

ぼっち脱却したい?いまからでも友達を作れる簡単な方法

「ぼっちから脱却したい!」という人はどうすればいいでしょうか?今からでも友達ができて、楽しく大学生活を送れたらとっても嬉しいですよね。

ぼっちになってしまった今からできる、友達を作る方法。

ここでは長くなってしまうので、こちらの記事を参考に読んでみてください。

心理学に基づき、恋愛にも効果がある、営業マンも使っているテクニックや考え方をご紹介しています。

➡︎ 大学生で友達がいない人へ!友達の作り方と自分の受け入れ方

ぼっちの女は社会人になるとどうなる?その実態

社会人になると出てくるのが、同僚との付き合い。「いまぼっちで、社会人になってもうまくやっていけるだろうか」そんなことを考えて不安になることがあるかもしれません。

最後に、大学で今ぼっちの女子は社会人になるどうなるのか、その実態をお伝えしようと思います。

結果から言うと、「ぼっちがつらいのは大学生のうちだけ」

これは、「ぼっちでいること自体がなくなる」という場合も指すし、「ぼっちでも気にならなくなる」という場合も指します。

私も大学時代を過ぎた今思いますが、大学生とはいえ、まだまだ青春というか思春期というか。

繊細に人目を気にしたり、どこかに所属していたかったりする気持ちが盛んな時です。

社会人になると、大学の時ほど一人でいることが気にならなくなったり、こだわらなくなることで逆に友達ができたりします。

「時間が解決する」とよく言いますが、本当にそう。

だから、今はつらいかもしれませんが、あまり深刻に考えることはありません。

「ま、いつか解決するでしょ」くらいのスタンスで気楽に捉えられるとベストです。

まとめ

以上、大学でぼっちになってしまった女子のための完全ガイドでした!

一番大事なのは、「今が全て」と思わないこと。

あまり深刻になると精神病になったりと、もっと収拾のつかないことになってしまう可能性もあります。

今できることは精一杯やって、それでも変えられない部分は受け入れることが大事です。

★大学生注目!のおすすめサービス★

家にもう使わずに眠っている「大学受験参考書・問題集・赤本・予備校テキスト」ありませんか?自宅から簡単に断捨離&おこづかい作りしましょう⬇︎

ABOUTこの記事をかいた人

RIRI

1994年生まれ、北海道在住のブロガー。ネコと英語とファンタジーと旅行。文学部英文科。イギリス留学・カナダ留学しました。このサイトでは大学生に役立ついろんな情報を発信してます!スピリチュアル・心理学ブログも発信中 ➡︎【スピ*LIFE : http://remember-universe.xyz/】