大学生で起業したい人が最低限読むべき本まとめ!【入門書】

本4



「大学生のうちに起業がしたい!」という人のために、今回は大学生で起業した私が、これは起業する前に最低限読むべき!と思った良書を厳選してご紹介します。

いろんな側面から起業について知ることができるように、「起業家の体験談」がメインに書かれた本「起業に最低限必要な知識」が書かれた本の両方をまとめました。

どれも「入門書」レベルの内容なので、すでに起業をしている大学生はもちろん、これから起業する・起業したい大学生にぴったりです。

大学生で起業したいなら、まずはたくさん本を読め。

「起業に興味がある」という大学生は年々増えてきています。

起業したいと思ったらまずやることは、起業についての本をたくさん読むこと

起業の本が教えてくれる「失敗体験」の価値

起業したい!と思った時、ついつい「どうやったら起業で成功できるのか?」ということに目が向きがちですよね。

成功体験を知ることももちろん大事ですが、それ以上に大事なのは実は「失敗体験」を知っておくことです。

「失敗」というのは何よりの学び。

起業の良書では、その「失敗体験」を自分のリスクをさらすことなく知ることができるのですから、読まない理由がありません。

潜む危険をできるだけ知っておくことで、自分は同じような失敗をしないように」というリスク回避の引き出しを増やすことができるのです。

つまりは、「無駄な失敗を省ける」ということ。

大学生の起業には「お金の知識」と「人間力」が必須!

「ただ会社を作るだけ」なら、今の時代いくらでも簡単にできます。

でも、「その会社を継続できるか」というと…実に70%が3年以内に廃業になるという現実。

今までいくらか社会経験やお金の知識がある大人とは違って、大学生が起業をし、継続するには「お金の知識」と「人間力」が必須になってきます。

ここでは紹介しきれなかった「お金の基礎知識」を身につける本、起業に必須の「人間力」を磨く本については以下で別に紹介していますので、チェックしてみてください。

合わせて読むことで、「知識」「心構え・あり方」の両面から起業に向き合うことができ、ブレない軸を持つことができます。

大学生で起業したい人が読むべき本8冊【体験談編】

ではさっそく、起業したい大学生が最低限読んでおきたい本をご紹介していきます!

まずは、実際に起業をし成功した起業家たちの経験談がメインとして書かれた本をご紹介します。

これらの本のいいところは、上で書いた「失敗体験」も書かれていること。

成功体験も失敗体験も、どちらも知って自分の糧にしていきましょう。

1、社長失格

元株式会社ハイパーネットの創業から倒産までの物語。
古い本だが、起業の甘くない現実を知るための一冊。

「社長失格」の続編。
倒産した社長がなぜ「再起業」したのかが書かれた本。
起業の魅力について分かる。

株式会社リブセンスの生い立ちから上場までの話。
大学生にして起業した村上太一氏について書かれており、
現役大学生には大変参考になる本。

株式会社ウィルゲートの創業から崩壊、成長までの話。
18歳で創業し、22歳で借金1億円を抱えた会社がどのように回復したのか。

海外の企業「スーパージャム」を14歳で設立した少年の話。
経営のエッセンスが盛り込まれた本。

「起業にはお金が必要?」そんな常識を覆す、起業の話。
片手間で起業するには?

故スティーブ・ジョブズの生い立ちから、亡くなるまでの伝記。
Appleという会社がどのように生まれ、成長したかについても書かれている。
スティーブ・ジョブズの魅力が分かる有名な一冊。

決して良いキャリアとは言えない著者の成功物語。
学歴など関係なく起業できると気づかされる本。

created by Rinker
¥1,039 (2019/04/20 09:25:17時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク


★大学生におすすめの無料イベント★

貯金術・お金の増やし方・将来への投資方法など…大学生だからこそ知っておきたい「お金の勉強」をプロから無料で学べる講座⬇︎

ABOUTこの記事をかいた人

RIRI

1994年生まれ、北海道在住のブロガー。ネコと英語とファンタジーと旅行。文学部英文科。イギリス留学・カナダ留学しました。このサイトでは大学生に役立ついろんな情報を発信してます!スピリチュアル・心理学ブログも発信中 ➡︎【スピ*LIFE : http://remember-universe.xyz/】