大学生は本を読みまくるべし!効果的な本の選び方と読み方

世界中の成功者は、必ずと言っていいほど皆、読書家です。

本を読むことが、いちばん安くリターンの大きい「投資」だと理解しているからです。

人生の大きな岐路である大学生だからこそ、とにかく本を読みまくるべし!

ここでは、大学生が本を読みまくる前に知っておきたい、本の選び方と効果的な本の読み方をご紹介します。

大学生が本を読みまくるべき理由と効果は?

私自身も、大学生の頃からビジネス書や啓発本を中心にとにかく本を読みまくりました。

その結果、現在では家の本棚に入りきらずにいたるところに本が置いてあります。

私自身が実感した効果や感じたことも含め、大学生が本を読みまくるべき理由についてまずはお話しします。

信用度・価値の高い情報を得られる

最近では特にネットで何でも情報を手に入れられるので、「別に本なんて読まなくていい」という大学生もいるでしょう。でも、それは違います。

ネット上では匿名でいい加減な情報が公開されていることも多く、信頼できる情報を手に入れるためには、それなりの目利きが必要。

対して、本は、その分野のプロが今までの人生をかけて得た知識・経験から、手間ひまをかけ、責任を持って世の中に出しています。

つまり、情報の信用の度合い」が違うということ

世界中の成功者たちはこのことを理解しているからこそ、本を読み続けるのでしょう。

新しい進路・可能性が開ける

特にこれは「ビジネス書」を読むと一目瞭然。

今までは「学校に行き、就職して、一生労働をして生きていく」という人生が普通だと思っていたかもしれませんが、もっと楽しく自由な生き方があるということをビジネス書が教えてくれます。

また、「啓発本」にはたった一言で人生を大きく変えるパワーを持った言葉がたくさん詰まっています。

今までの物の見方や考え方が変わり、あなたの見る世界を、より豊かで幸せなものへと徐々に変えていってくれます。

いろんなものの「本質」が理解できるようになる

これから「効果的な本の選び方」でもご紹介しますが、ある特定のことを知りたくて・身に付けたくて本を読むときには「同じテーマの本を複数読む」のが断然オススメ。

すると面白いことに、「どの本でも必ず書いてあること」に出会います。それが、そのテーマにおける中核の答え・本質であるということです。

いろんな分野でこのような読み方をしていくと、いろんな物事の本質を知ることができます。

大学生が本を読みまくる時の「本の選び方」!

せっかく時間とお金とエネルギーを割いて本を読むのなら、自分の人生に価値をもたらしてくれる時間にしたいですよね。

そのためには、どんな本をどうやって選ぶのか、という「本の選び方」を知っておくことが大事。

大学生が読みまくるべきジャンルは「ビジネス書」だ!

一言に「本」と言っても、その種類はたくさんありますよね。ビジネス書、実用書、参考書から、ガイドブック、小説や漫画、雑誌…。

その中でも、大学生が価値あるものとして読みまくるべきジャンルは「ビジネス書」です。

ビジネス書って何?という方。

「20代でやっておきたい〇〇」
「なぜいま○○なのか…」みたいな本といえばピンとくるでしょうか。

ビジネス書は、あなたの生活や仕事の無駄をなくしたり、気持ちの持ち方を教えてくれたり、成功するためのヒントをくれたり…と、驚くほど勉強になるものです。

効果的に読むための「本の選び方」

普通、本を買うときは興味のあるテーマについて1冊読めば十分、と考える人がほとんど。

でも、ここでご紹介する本の選び方はちょっと違います。

ポイントは、「テーマ・知りたいことをはじめに決めること」「同じジャンルの本をまとめて買うこと」

  1. テーマ・知りたいことを決める
  2. 書店やネットでそのテーマの本を探す
  3. 目星をつけた本を最低でも「3冊」まとめ買いする

はじめにテーマを決めておくことで、読んでいる時に「なにを吸収したいのか・どんな答えを見つけたいのか」と意識して読むようになります。

同じジャンルの本をまとめて買うのは、そのジャンルについての本質を知るため。

買った本のうち、言い回しは多少異なっても「同じような内容を言っているな」という部分が見つかると思います。

どの本にも書かれている事、それは「あなたの知りたい事」の本質です。

「なんとなく一冊選ぶ」よりも「テーマを持ってまとめ買い」

これが大学生にとって価値のある本の選び方!

大学生が効果的に本を読みまくるための「本の読み方」

「本を読んでも記憶に残らないから、あまり意味がない」という人がいます。

確かに一度本を読んだだけでは、身につくどころか、あっという間に内容を忘れてしまいますよね。

これでは読んだ意味がありません。

せっかくの本を自分の身にして人生に役立てるには、いったいどうすればいいのでしょうか?

同じ本を何度も読み返すのは非効率的!?

しっかり本の内容を頭に入れ、それを活用したいのならば「何度も繰り返し読むこと」が必要。

とはいえ、同じ本を初めから最後まで何度も読み返すのは、よっぽどの良本でない限り時間の無駄になるということを知っておきましょう。

というのも、本というのは「大事な部分とあまり大事ではない部分というものが混在しているから」です。

では、いったいどうすればいいのか?

効率よく内容を身につけられる「本の読み方」

せっかく読んだ本の内容をしっかりと身につけるには、「その本の大事なエッセンスを抜き出して、それを何度も読む」ということが大事。

具体的なやり方をご紹介します!

  1. 読み始める前に「この本から何を学びたいか」を決める、目次を見るのも効果的。
  2. 気になった文や「なるほど」と思った文に線を引いたり、思いついたことを本に書き込む
  3. 線を引いたページの角を折っておく
  4. すべて読み終えた後、線を引いた箇所や書き込んだ箇所をパソコンに打ち込んでいく
  5. それをプリントアウトなどして持ち歩き、隙間時間などに読み返す

これは、『レバレッジ・リーディング(著・本田直之)』という、大学生にはまずはじめに読んでほしい良本の中に書いてある、本をあなたの糧にするための簡単な方法です。

本を綺麗に読みたい、書き込むのに抵抗がある、という人もいるかもしれません。

綺麗に使うのはいいですが、それでは目的がすり替わっています。

綺麗に保管しておくために読むのではなく、その本から自分に必要なエッセンスをもらうために本を読むのです。

本当にちゃんと本を活用したいのなら「本は綺麗に使う」という概念を捨て、思いっきり線を引いて、書き込んで、本を活用しましょう!

何読めばいい?大学生におすすめのビジネス書トップ10

さて、ここまで本の効果的な読み方をご紹介してきました。

が、いざ読もう!としても「どんな本を読んでいいかわからない」「厳選されたおすすめ本が読みたい」という大学生のあなた。

まずは、この10冊から始めてみてください。

➡︎ 必読!大学生で読んでおきたいおすすめのビジネス書トップ10

人生や価値観をガツンと変える、かなりインパクトのある本ばかりです。

お金に興味がある人は、こちらのシリーズもおすすめ。

➡︎ 【大学生必読!】お金の勉強をしたい大学生が読むべき「金持ち父さんシリーズ」

何の本を読むか迷ったら、以上の本から始めてみてくださいね!

まとめ

以上、大学生が本を読みまくる効果と、その選び方・読み方をご紹介しました。

今の大学生はネットで何でも調べてしまいますが、だからこそあなたは本を読むことで、周りに差をつけることができます。

自由で充実したあなただけの人生を送りたいのなら、大学生のうちから本を読みまくる習慣をつけましょう!

★大学生におすすめの無料イベント★

貯金術・お金の増やし方・将来への投資方法など…大学生だからこそ知っておきたい「お金の勉強」をプロから無料で学べる講座⬇︎

ABOUTこの記事をかいた人

RIRI

1994年生まれ、北海道在住のブロガー。ネコと英語とファンタジーと旅行。文学部英文科。イギリス留学・カナダ留学しました。このサイトでは大学生に役立ついろんな情報を発信してます!スピリチュアル・心理学ブログも発信中 ➡︎【スピ*LIFE : http://remember-universe.xyz/】