大学生の薄毛の悩み!原因と大学生でもできる3つの治療法まとめ

薄毛2



若いとはいえ、大学生の中にも薄毛の悩みを抱えている人はいます。

「友達や周りの人の目が気になる…」

「若いのにどうして薄毛で悩まないといけないのだ…」

「なんで自分だけ…」

大学生の薄毛の悩みは、友達や親にも相談しにくいデリケートな問題ですよね。

今回は、そんな薄毛で悩む大学生のために、大学生で薄毛になってしまう原因と3つの治療法をまとめました。

これを読むことで、薄毛の悩みを解決する方法を知り、前向きに自分にあった方法で薄毛を回復するアクションを起こせるでしょう!

大学生の薄毛の正体「AGA」とは?

大学生で薄毛の悩みを抱える人のほとんどが「AGA(エージーエー)」だと言われています。

「AGA」とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のこと。

思春期以降に、生え際や頭頂部などの髪が薄くなってしまう・なくなってしまう状態をさします。

「AGA」は放っておくと抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになる可能性があるため、早急な治療が必要です。

セルフチェック必須!あなたは大学生の薄毛(AGA)に当てはまる?

薄毛1

「頭頂部のつむじが大きい…」「なんとなく生え際が大きくなってきた気がする…」

大学生の薄毛は、原因によって回復方法や治療法が変わってきます。

まずは、あなたの薄毛の悩みが「AGA」に当てはまるのか、以下の「AGA診断」でセルフチェックをしてみましょう!

AGA診断 ➡︎ AGAスキンクリニック

結果はどうでしたか?「AGA」の可能性があると診断された大学生は早めの治療が必要になります。

次の項目から、薄毛になってしまう原因と大学生でもできる治療法について見ていきましょう!

大学生が薄毛(AGA)になってしまう4つの原因

薄毛の原因

まずは、大学生で薄毛になってしまう原因、AGAになってしまう原因を知っておきましょう。

大学生の薄毛の原因❶ 遺伝

AGAの原因の1つとして考えらているのが「遺伝」

「薄毛を引き起こす遺伝子」があることがドイツのボン大学の研究チームによって明らかになりました。

家系の中に薄毛で悩む家族がいる場合、とくに「母方の祖父」が薄毛に悩んでいる場合は、遺伝的にAGAになってしまうことがあるそうです。

大学生の薄毛の原因❷ 男性ホルモンの影響

AGAを引き起こす原因物質は、ジヒドロテストステロン(略:DHT)というホルモン。

AGAの人は、脱毛箇所の頭皮に通常よりも多くのジヒドロテストステロンが放出され、それが別の男性ホルモンと結びつくことによってヘアサイクルを乱します。

それにより、太く長い毛に成長する前に抜けてしまったり、全体的に細く弱い毛が多くなることで、薄毛が目立つようになります。

大学生の薄毛の原因❸ ストレス

ストレスもまた、若くして薄毛を引き起こす原因。

ストレスにより自律神経やホルモンバランスが崩れると、血行不良で毛根に十分な栄養を届けることができなくなり、成長を妨げてしまいます。

また、ストレスによるコラーゲンの減少によっても、毛が細くなったり生えづらくなると言われています。

大学生の薄毛の原因❸ 食生活の乱れ

食生活が極端に乱れていることもまた原因の1つ。

髪の毛の成長に必要な「ビタミン」「亜鉛」が足りない場合や、喫煙する場合も血流を悪くして髪の毛の成長を妨げます。

また、お酒の飲み過ぎも、アルコールを分解するために髪の毛の成長に必要なミネラルや亜鉛が消費されてしまうので、よくないと言われています。

大学生にできる3つの薄毛治療法とは?

薄毛で悩む大学生は、一体どうすれば解決することができるのでしょうか?

大学生でもできる薄毛の治療法は主に3つ。

  1. 生活習慣の改善をする
  2. 市販の育毛剤を使う
  3. 医療機関での治療を受ける

それぞれ、かかる費用や効果が変わってきます。

そもそも実際に効果があるのか?という点も含めて、1つずつ詳しく見ていきましょう!

【大学生の薄毛治療 ❶】生活習慣の改善について

ヘルシー

まずは一番大学生が取り組みやすく、費用もかからない治療法「生活習慣改善」について。

ただし、その効果や危険性について知っておかないといけないことがあります。しっかり見ていきましょう!

そもそも「生活習慣改善」で大学生の薄毛は回復するのか?

よく「薄毛には生活習慣改善!」と言われますが…そもそも本当に効果があるのでしょうか?

実は、大学生が生活習慣改善によって薄毛を回復するのは難しいというのが正直なところ。

  • 正しい生活習慣を続けるのが難しい
  • 効果を実感するまで数カ月かかる
  • 遺伝・ホルモンが原因の場合あまり意味がないことが多い

とくに大学生は、一人暮らしやサークル・飲み会などで生活習慣が乱れがち。

とはいえ、「薄毛のために!」とすべての楽しみを犠牲にするのも難しいのが現実ですよね。

大学生の薄毛は「生活習慣改善」だけでは危険!

眠い

もう1つ知っておきたい大事なことがあります。

それは、大学生の薄毛の場合は「生活習慣改善」だけでなんとかしようとすると危険な場合が多いということ。

大学生の薄毛はほとんどが「AGA」に当てはまると紹介しましたが、「AGAは放っておくと進行するもの」です。

「生活習慣だけちゃんとしていればそのうち治る」というものではありません!

早めに医師による診察・治療が必要なので、生活習慣だけで治ると思い込むのは逆に薄毛を進行させてしまう可能性があります。

取り入れるべき生活習慣改善ポイント5つ

とはいえ、生活習慣の改善が薄毛になんの意味もないかといえば、そうではありません。

ただし、「医師の診察・治療と併用して行う」ことが条件ですね。

  1. 髪の毛に必要な栄養素を取る
  2. 喫煙量を減らす・禁煙する
  3. お酒を飲みすぎない
  4. ストレス発散をする
  5. 運動をして血流を良くする

しっかりと適切な治療を受けた上で、上に書いたような生活改善をできる範囲で取り入れることで、もっと早く効果的に薄毛の回復が期待できます。

【大学生の薄毛治療 ❷】市販の育毛剤について

本気で薄毛をなんとかしたいと思った時に、多くの人が思いつくのが「育毛剤」ですよね。

2つ目の治療法「育毛剤」の効果や選び方・価格などについて見てみましょう。

市販の「育毛剤」は大学生の薄毛に効果があるのか?

市販で売っている「育毛剤」は、大学生の薄毛(AGA)に本当に効果的なのでしょうか?

日本皮膚科学会が行った「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、検証によってAGAに効果的な治療法をランク付けしています。

ランク順位 ガイドライン 治療方法・有効成分
ランクA 「行うよう強く勧められる」 フィナステリド、ミノキシジル
ランクB 「行うよう勧められる」 自毛植毛
ランクC1
(育毛剤)
「行うことを考慮しても良いが十分な根拠がない」 塩化カルプロニウム、t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾール
ランクC2 「根拠がないので勧められない」 セファランチン
ランクD 「勧められない」 人工毛植毛

(参考:https://agahairclinic.com/aga/about-aga012/

このランクに基づいて、医師によるAGA治療もAランクから行うべきだとしています。

実は、育毛剤は「ランクC1(行うことを考慮しても良いが十分な根拠がない)」に当たる成分が主に配合されている商品。

つまり、「試してみる価値はあるが、確実な効果は保証できない」というのが育毛剤の現状です。

大学生の薄毛のための育毛剤の選び方

AGAに効く育毛剤は、上の表の「ランクC1」以上の成分が含まれていることを基準に選びます。

ただ、ランクAは効果がある分、副作用の可能性のあるということ。

そのため、ランクAの成分「フィナステリド」「ミノキシジル」は基本的に医療機関での取り扱いになります。

育毛剤はどれくらいの値段?

育毛剤は星の数ほどあります。だいたいの相場は、

  • ドラッグストアなど ➡︎ 1本1,000円〜5.000円程
  • ネットや定期購入 ➡︎ 月額7,000円〜15,000円程

ドラッグストアなどではリーズナブルで手軽に手に入りますが、効果面を考えると、逆にお金のムダになってしまう可能性が高いです。

ネットなど定期購入の商品の方が比較的効果があるとされているものが多いですが、高いからといって効果が保証されているわけではありません。

「効果がなかったから他を試す」をくりかえすうちに、効果はないのに気がつくとかなりお金をかけているなんてことになりがち。

市販の育毛剤で治療を考える大学生は、育毛剤ジプシーにならないように注意が必要です!

【大学生の薄毛治療 ❸】医療機関での治療ついて

医師の薄毛治療

最後に、医療機関での治療について。

「高い」「恥ずかしい」などハードルが高いと思われがちですが、実は大学生のアルバイト収入でも払えるくらいの低額で気軽に治療することができ、もっとも効果的と言われています。

医療機関で薄毛治療することのメリットと効果

医療機関での薄毛治療は、❷の育毛剤の項目で載せた表のうち「ランクA」の治療法が一般的

つまり、効果をもっとも実感しやすいということです。

また、専門知識を持った医師が、あなただけの薄毛の原因を特定し、体質・副作用などを考慮した上で治療してくれるので安心。

薄毛の悩みについて相談できる人がいる、というのも心強い点です。

「病院」と「薄毛専門クリニック」どっちがいい?

医療機関での薄毛治療は、「病院」の皮膚科・内科での診察と「薄毛治療専門クリニック」の2つに分かれます。

● 病院での診察の場合

病院での診察の場合は、

  • かゆみやフケ・赤みがある場合 ➡︎「皮膚科」
  • 遺伝などによる薄毛が考えられる場合 ➡︎「内科」

で診察してくれます。

ただ、薄毛治療の場合は保険が適応されないので全額自己負担となります。

また、病院での薄毛治療は「現状維持にとどめるための治療」であって、育毛・発毛など薄毛の改善治療ではありません。

● 薄毛治療専門クリニックの場合

薄毛治療専門クリニックの場合は、AGAをメインとして遺伝・その他様々な原因での薄毛に対応しています。

病院と違うのは、

「これ以上薄毛にならないようにする」「育毛・発毛で薄毛を改善する」

という2つの治療がされること。

治療にかかる費用は病院よりも高くなるのが一般的ですが、最近は毎月低額で薄毛治療ができるクリニックも増えてきています。

病院よりも薄毛に特化した専門家がカウンセリング・治療してくれるので、安心して相談することができ、結果も出やすいのが特徴。

医療機関での薄毛治療にかかる費用は?

薄毛専門クリニックでも一般的な病院でも、どちらにせよ保険適応外なのでかかる費用は変わりません。

例えば皮膚科の場合、初診料が3,000円前後に加えて、治療薬の処方が6,000円〜10,000円ほど。

薄毛専門クリニックでも変わりませんが、月額1000円〜5000円程度と低額で通院できるクリニックも今増えてきています。

同じ費用なら、専門性もあり親身に治療してくれる薄毛専門クリニックの方が断然おすすめ。

バイト収入がメインの大学生にとっても、しっかり効果を得ながら毎月の費用はリーズナブルに抑えられるのが嬉しいですね!

大学生でも低額で通える薄毛治療クリニック2選!

最後に、治療費が心配な大学生でも安心して通える、リーズナブルで低額な薄毛専門クリニックを2つご紹介します!

大学生に一番おすすめ!月額1,800円から【湘南美容クリニック】

湘南美容外科AGA
  • 月額1,800円から始められる
  • 実績のある安心な治療
  • 全国62院あるので通いやすい
  • 2回目以降はオンラインの無料診察可能

実績・リーズナブルな価格・通いやすさ・便利なサービス・お客様満足度、すべてそろう大学生に一番おすすめのクリニックです。

迷っている人は、「湘南美容クリニックAGA」で間違いないと思います。

まずは、無料カウンセリングで自分の薄毛の悩みを相談してみましょう!

 詳しくはこちら:湘南美容クリニック

発毛実感率99.4%!月額3,400円から【AGAスキンクリニック】

AGAスキンクリニック
  • 月額3,400円〜
  • 半年で99.4%が発毛実感
  • 全国51院あるので通いやすい
  • LINE予約可能

月額がリーズナブル発毛実感率も高い、こちらも大学生におすすめのクリニック。

LINEからでも予約可能。こちらもまずは、無料カウンセリングからスタートです!

 詳しくはこちら:AGAスキンクリニック

まとめ

以上、薄毛で悩む大学生のために、その原因と3つの治療法についてご紹介しました!

もしAGAに当てはまると思うのなら、これ以上悪化させないためにも早めの受診が必要です。

薄毛専門クリニックであれば、カウンセリングは無料。一人で悩まず、まずは相談してみましょう。

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

RIRI

1994年生まれ、北海道在住のブロガー。ネコと英語とファンタジーと旅行。文学部英文科。イギリス留学・カナダ留学しました。このサイトでは大学生に役立ついろんな情報を発信してます!スピリチュアル・心理学ブログも発信中 ➡︎【スピ*LIFE : http://remember-universe.xyz/】